お知らせ - 実践経営者コース

実践経営者コース第1回入学試験願書受付を開始しました

実践経営者コース第1回入学試験願書受付を開始しました

めざせ 信州農業のトップランナー!  実践経営者コースでは、明確な経営目標、経営理念と幅広く高度な知識と能力を兼ね備え、即戦力となる企業的農業経営者を養成します。また、人間力、経営力、生活力及び技術力を、実践的な講義、実習及び模擬経営を通じて研き習得します。  本日から、令和5年4月入学生の入学試験願書受付を開始しました。   総合農学科 実践経営者コース(第1回)   10月27日(木曜日)~1...

続きを見る

新幹線マルシェ(東京駅)でりんごを販売いたしました

新幹線マルシェ(東京駅)でりんごを販売いたしました

 10月13、14日に長野地域振興局とJR東日本主催の「NAGANO新幹線マルシェ」に実践経営者コースの学生が参加しました。  会場は、東京駅丸の内地下南口改札外で、午後3時から7時まで開催され、各日に1名ずつ参加し、学生が生産した「シナノスイート」を1日当たり2個入120袋をその日の朝に新幹線で搬送して販売しました。  学生は、お客様とシナノスイートの説明等を交えながら販売し、1日目のリピーター...

続きを見る

ドローン等について、スマート農業論で学習しました

ドローン等について、スマート農業論で学習しました

 令和4年9月27日(火)、学科目「スマート農業論」でドローン等について学習しました。  今回は、座学で農業におけるドローンの活用について講義を受けた後、パソコンのシミュレーターを使って、農薬散布に使用できるタイプの大型ドローンの操縦を全員で体験しました。初めての体験の者が多く、カメラの方向を固定しての旋回等、操縦の難しさを実感しました。  その後、野外に移動し、写真撮影用ドローンの実機を使っ...

続きを見る

ららぽーと甲子園(兵庫県)で桃を販売しました

ららぽーと甲子園(兵庫県)で桃を販売しました

8月16日から21日の間、兵庫県西宮市にあります「ららぽーと甲子園」にて、長野県大阪事務所の協力のもと、実践経営者コース2年の学生が育てた桃(なつっこ)の販売を行いました。 実践経営者コース2年次は、生産から販売、収支分析まで一年間通して実践的な模擬経営を行っています。 お陰様で、大好評で早々に売り切れてしまいました。 合わせて、令和5年度入学生募集のも行っていただきました。

続きを見る

農業機械メーカーとのコラボ企画で、畝立て大豆同時播種機について学習しました

農業機械メーカーとのコラボ企画で、畝立て大豆同時播種機について学習しました

令和4年6月29日(水)、「長野県農業を担う人材の育成支援協定」に基づき、(株)関東甲信クボタ中部事務所から専門家をお招きし、最新農業機械の操作技術やメンテナンスの技能等を学びました。 今回は、ほ場の耕うんと畝立(うねた)て・は種(種まき)を同時に行う畝立て大豆同時播種機の特徴、操作方法等の実技に加え、安全な作業について学習しました。 実際に、前作の麦株・麦稈が残るほ場で実演していただき、上記...

続きを見る

   
長野県農業大学校 2022年学校案内
MENU