お知らせ - 畜産専攻

大型特殊免許(農耕車限定)の取得研修を行いました

大型特殊免許(農耕車限定)の取得研修を行いました

農業大学校では1学年の必修単位として大型特殊免許(農耕車限定)を取得します。  農業大学校研修部(小諸市)でトラクタ運転を練習し、最終的に実技試験を受け、合格する必要があります。  本年は実践経営者コース1班、農業経営コースは3班に分かれて宿泊研修です。 学生は初めて乗る大型のトラクタの運転に最初は緊張していましたが、慣れてくると、オートマチック限定免許の女子学生でも半クラッチによる坂道発進や...

続きを見る

実物鑑定を実施しました

実物鑑定を実施しました

農業経営コース1学年の農学演習の一環として「実物鑑定」が実施されました。 実物鑑定とは、作物、畜産、野菜、花き、果樹の各農業分野で実際に使用される器具や害虫、品目などの実物(牛種など一部は模型)、各10点を1週間展示し、その間に学生がノートに解説を写したり、自分で探求したりしてまとめ、その内の各5点について出題された問題を解くものです。採点は正答率とノートを評価することで行いました。 最高点は...

続きを見る

ドローン等について、スマート農業論で学習しました

ドローン等について、スマート農業論で学習しました

 令和4年9月27日(火)、学科目「スマート農業論」でドローン等について学習しました。  今回は、座学で農業におけるドローンの活用について講義を受けた後、パソコンのシミュレーターを使って、農薬散布に使用できるタイプの大型ドローンの操縦を全員で体験しました。初めての体験の者が多く、カメラの方向を固定しての旋回等、操縦の難しさを実感しました。  その後、野外に移動し、写真撮影用ドローンの実機を使っ...

続きを見る

農業機械メーカーとのコラボ企画で、畝立て大豆同時播種機について学習しました

農業機械メーカーとのコラボ企画で、畝立て大豆同時播種機について学習しました

令和4年6月29日(水)、「長野県農業を担う人材の育成支援協定」に基づき、(株)関東甲信クボタ中部事務所から専門家をお招きし、最新農業機械の操作技術やメンテナンスの技能等を学びました。 今回は、ほ場の耕うんと畝立(うねた)て・は種(種まき)を同時に行う畝立て大豆同時播種機の特徴、操作方法等の実技に加え、安全な作業について学習しました。 実際に、前作の麦株・麦稈が残るほ場で実演していただき、上記...

続きを見る

事故防止に向けた啓発動画に、本校学生がモデルとなりました

NO IMAGE

長野県農政部では、農作業事故防止のため、農業機械の使用方法をわかりやすく説明した啓発動画を作成し、幅広く啓発を進めているところです。今回、刈払機による事故防止に向けた啓発動画に本校学生がモデルとなりました。総合農学科の学生

続きを見る

   
長野県農業大学校 2024年学校案内
MENU