お知らせ - 作物専攻

実物鑑定が行われました。

実物鑑定が行われました。

令和3年5月28日(金)、農業経営コース1年生の農学演習の授業として「実物鑑定」が行われました。学生は今月希望する専攻が決まりましたが、農大生として専攻を超えた幅広い知識を身につけていてほしいとの趣旨で実施している授業です。農業高校出身の学生は高校時代に経験していますが、普通高校出身者は初めての経験になると思います。作物、畜産、野菜、花き、果樹のそれぞれから5問ずつ実物の問題が出され、学生は1...

続きを見る

ヤンマー田植え機によるコラボ授業が行われました。

ヤンマー田植え機によるコラボ授業が行われました。

令和3年5月27日(木)松代キャンパス3号水田において、長野県農業を担う人材の育成協定による授業が行われました。この協定は平成26年度から国内の大手農機メーカー4社と農業大学校が結んでいるもので、毎年最新の農業機械やメンテナンスを体験する授業を行っています。この日は今年度の最初の授業でヤンマーアグリジャパン(株)から3名の講師を迎え、密苗田植え機の機能や構造について説明を受け、操作の実演を体験...

続きを見る

今年度最初の畜産(酪農)実習が行われました。

今年度最初の畜産(酪農)実習が行われました。

5月19日(水)~21日(金)の3日間、八ヶ岳中央農業実践大学校において、1年生の畜産(酪農)実習が行われました。総合農学科の畜産総論の一環として3年前から八ヶ岳中央農業実践大学校のご協力により酪農体験実習が行われています。1年生は農業機械Ⅰ実習の大型特殊免許取得にあわせて3班に分かれて実習に取り組みます。今回は今年度の1回目で12名が酪農実習を受けました。  八ヶ岳中央農業実践大学校の酪農部...

続きを見る

いま農場では

いま農場では

三寒四温。ようやく春の気配が感じられる時期となりますが、田畑はまだ厳しい寒さが残ります。そんな農場で青々としているのが作物専攻の大麦と小麦です。春間近の寒気で雪の下になることもありますが、10月末に播種された麦は順調に生育しています。普通畑に播種されているのは農大「生めんシリーズ」の原料となる小麦の「ハナマンテン」や「ユメセイキ」です。水田転換畑を想定し播種されている大麦は「ホワイトファイバー」で...

続きを見る

農大の新そばです。

農大の新そばです。

農業経営コース2年生の農畜産加工学実習では、6次産業化を学ぶために毎回いろいろな加工に取り組んでいます。12月3日の材料はそば粉です。もちろん松代キャンパスで生産された新そばです。学生はこの実習をお願いしている高木講師の指導のもと、そば打ち職人?を目指し、そば粉を水回しから捏ね、延していきます。なかなか薄く伸びないそばに悪戦苦闘しながら、最後はそば切り包丁を使いこなし見事なそばを仕上げることができ...

続きを見る

   
長野県農業大学校 2021年学校案内