お知らせ - ニュース

そば花盛り

そば花盛り

 作物専攻では、秋そばを栽培していますが、開花盛期を迎えています。昨年の秋そばは8月上旬の干ばつで発芽不良、9月中旬の長雨・台風で倒伏・稔実不良で散々でしたが、今年は何とか順調です。  2年生のプロジェクトでは地域の在来品種の利用について検討中、うまく活用できればいいですね。学生(名人級)の手打ちそばも期待してます。  そばの花は虫媒花、蝶などいろいろな虫たちが花に訪れて賑わいを見せています。 ...

続きを見る

農家体験実習報告:作物専攻④

農家体験実習報告:作物専攻④

 農業経営コース1年生の農家体験実習も後半戦3分の2が過ぎ、終りが見えてきました。作物専攻の受け入れ農家では稲刈りの真っ最中ですが、先生も現地での見聞を広げるため、今日、2件の農家で学生と一緒に作業を体験。現地で抱える問題など身をもって知ることができました。今年の気象と米の作柄や品質、発生が多かった害虫や雑草など、今後の授業ネタに使わせてもらいます。  受け入れ農家の方々、ありがとうございました。...

続きを見る

実践経営者コース第1回願書受付が始まっています。

NO IMAGE

暑さが過ぎ去ったと思ったら、入学試験の季節となってしまいました。平成30年度入学試験の先陣を切って、実践経営者コースの願書受付が始まっています。 第1回受験日を初めて日曜日に設定し、社会人の方も受験しやすいよう10月15日(日)としています。 衆議院の解散の話もあり、投票日が重ならないように祈っているところです。 農業経営者を目指す方の応募をお待ちしています。

続きを見る

農大田んぼの生きもの:ナツアカネ産卵

農大田んぼの生きもの:ナツアカネ産卵

 先週後半から農大田んぼでもコンバインを使って稲刈りを開始。稲刈り時期を迎えた田んぼでは、赤トンボの一種「ナツアカネ」が「アキアカネ」よりも一足先にお目見えです。稲刈り前の田んぼに集まり、雌雄連結で飛びながら、盛んに産卵行動をとる姿が観察されます。  産み落とされた卵は冬を越し、来春、田んぼへの入水とともにふ化してヤゴが生まれます。そこは減農薬・減化学肥料で育てた特別栽培米の田んぼ。来年もそこで...

続きを見る

のうだい屋第5回開催

のうだい屋第5回開催

 9月に入り農大のほ場では、秋の農作物が続々と収穫されています。 代表格は、ブドウ。今回も、ぶどうをお買い求めるお客さんが大勢大ました。  学生を見ると、Tシャツを着ている学生が大勢います。 前側には農大マークが、背中側には長野県の輪郭と「土塊百年緑永遠」の文字が。 このほどお揃いで作成したTシャツです。  次回開催は、9月27日(水)午後3時30分からです。お目当ての農産物の購入とともに学生の服...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内