実物鑑定が行われました。

実物鑑定が行われました。
真剣に問題に望む学生
実物鑑定が行われました。
畜産は実物経験がありませんね
実物鑑定が行われました。
各出題教授から解説を受けました

令和3年5月28日(金)、農業経営コース1年生の農学演習の授業として「実物鑑定」が行われました。学生は今月希望する専攻が決まりましたが、農大生として専攻を超えた幅広い知識を身につけていてほしいとの趣旨で実施している授業です。農業高校出身の学生は高校時代に経験していますが、普通高校出身者は初めての経験になると思います。作物、畜産、野菜、花き、果樹のそれぞれから5問ずつ実物の問題が出され、学生は1問30秒で回答していきます。
入学してからまだ2ヶ月余りで全てを覚えるのは難しく、本日の本番前には学習する期間も設定されていました。
全員の鑑定が済んだ後には出題した各専攻教授から解説があり、学生は正解と自分の答えに一喜一憂していました。

長野県農業大学校 2021年学校案内