お知らせ - 実践経営者コース

実践経営者コースはりんごの剪定の実習です。

実践経営者コースはりんごの剪定の実習です。

実践経営者コースの1年生のYくんは、りんごの管理で大切な剪定の実習を受けています。 剪定は寒い時期の作業で、生産のための果実もない時期なので、ちょっと地味でコツコツとやらなければならない作業です。 でも、次の収穫のための大切な作業なので、この技術の習得は果樹経営者になるためには欠かせません。 それから、雪のある時の方が、長靴に泥が付かないし、その泥がハシゴについて滑ったり、作業服が汚れたりしないの...

続きを見る

来年度の模擬経営に向けて、「実践コース計画発表会」開催

来年度の模擬経営に向けて、「実践コース計画発表会」開催

実践経営者コースの1年生は、来年度の模擬経営(農大では100万円の売り上げの経営目標を学生に課してます。)に向けた計画を立てて、実習を実施しなければなりません。 そこで、本日はその模擬経営の計画と卒業後の就農計画の発表会が行われました。 ねらいは、ほ場の準備、播種、栽培管理、販売までを経営レベルで学生自らの責任で行い、生産管理、販売管理、簿記記帳、経営分析、雇用管理など経営者として必要な経営管理能...

続きを見る

農業経営者養成を目的とした実践経営者コースという選択肢もあります。

農業経営者養成を目的とした実践経営者コースという選択肢もあります。

◆◆◆実践経営者コース 定員10名◆◆◆ ---信州から農業のプロフェッショナルを目指す人材を養成します!!--- 【特徴】 ・10名定員の少人数ゼミによる実践的な授業 ・各分野の第一人者による高度な講義 ・先進的な農家での実習による経営力UP ・教授の支援チームによる、経験やスキルに合わせた技術、経営、独立の支援!! ① 模擬経営 ② 特別演習 ③ コース紹介

続きを見る

実践経営者コースの特別演習が行われました。

実践経営者コースの特別演習が行われました。

実践経営者コースでは就農準備の一環として、自らの目指す経営ビジョンにつなげるため、5月から12月にかけて、県内の先進農業経営者、青年経営者の経営理念、手法、栽培技術の特徴等について学んできました。 自ら道を拓き築いてきたそれぞれの作目の第1人者から、現場で直にきくことができるのは、農業大学校実践経営者コースカリキュラムの魅力です。 11月14日は、松本市土肥寛幸(土肥農園)さんから、スイカの生産販...

続きを見る

FM長野の「しあわせ信州ナビゲーション」に出演しました。

FM長野の「しあわせ信州ナビゲーション」に出演しました。

-FM NAGANO  Welcome! (Vol.74)Aug.26 放送分より- 今日は未来の農業の担い手が学ぶ『農業大学校』について伺いました。 100年の歴史がある農業大学校は長野市松代と小諸市にキャンパスがあり、2年または1年で農業を学びます。卒業生の多くは、先進的な農業経営者や農業技術の指導者として県内各地で活躍しています。 これまでのように良いものを生産して売るという時代ではなく、経...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内