お知らせ - 実践経営者コース

実践経営者コース1年生が、日本経済新聞社の取材を受けました

実践経営者コース1年生が、日本経済新聞社の取材を受けました

 6月7日、日本経済新聞社の『大学』面(毎週水曜日)の取材で、本社社会部の記者さんが、来校しました。  校長室で、実践経営者コースのねらい、教育方針・内容、3年間の実績等をお話しました。  その後、ナガノパープルほ場で、実践経営者コース1年生果樹専攻3人の皆さんへ、聞き取りが行われました。実践コースへの進学動機や授業内容について、それぞれの思いや感想が語られました。

続きを見る

高所作業機を使って

高所作業機を使って

実践経営者コース2年生は就農後の経営計画をもとに、作目を組み合わせて農業経営実習(模擬経営)に取り組んでいます。りんごの摘果、ぶどうの房切り、野菜の収穫等々やるべきことが重なり、ときには、休日なしで作業を進めています。桃の仕上げ摘果をしているFさんは高所作業機で桃の摘果をしています。地面より上の高い場所のまま移動できるので便利とのこと、若い学生が自在に機械を使っての作業は能率があがります。

続きを見る

農業生産法人から学ぶ

農業生産法人から学ぶ

実践経営者コース2年は、「経営組織論」(外部講師納口るり子筑波大学教授)の授業の一環で、農業生産法人(有)アップルファームさみずを訪問し、代表取締役山下一樹氏より概要を説明していただき、現場を視察しました。

続きを見る

先進の取組を学びました

先進の取組を学びました

実践経営者コース2年生は、松川町(有)フルーツガーデン北沢を視察し、代表の北沢さんより観光農業の経営理念や、実際の経営、原料はすべて自社農園の生産物でつくられた加工品についてもお話を聞きました。その後、中川村で果樹苗木生産販売をしている有限会社小町園を視察し、松澤会長より、苗木の生産や販売の状況について説明をしていただきました。

続きを見る

本日いよいよオンエア 「高山村で農業始める九州男児」

本日いよいよオンエア 「高山村で農業始める九州男児」

2月から取材をしていただいていた実践経営者コース2期生(3月卒業)の林さんの就農準備と就農後の活躍が本日いよいよオンエアされます。 夕方5時30分からのabnステーションです。 雪の時期の剪定を学ぶ映像から、就農後の開花時期の映像まで、なんと約100日間にわたる長期取材が行われていまた。 長野の高山村で、新しい農業経営者が育っています。 みなさん、農業やるならぜひ農大を見に来てください。 きっと、...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内