お知らせ - 作物専攻

三代目・農大うどん

三代目・農大うどん

 小麦の刈取りも雨の合間を縫って何とか終了、乾燥後、順次製粉というところです。  先行して収穫したハナマンテンで、今年で3年目、三代目となった「農大うどん」を製造。今月8日の松代高校文化祭での出品を皮切りに、以後12日、26日の「のうだい屋」でも販売します。  今回、麺の太さを変えて試作、夏向きに冷やしうどんにもできるよう細麺仕様にしました。  是非、お買い求めください。

続きを見る

農大田んぼの生きもの:ヘイケボタル

農大田んぼの生きもの:ヘイケボタル

 農大の田んぼと周辺の湧水・湿地ではホタルが発生し、今、見頃となっています。種類はヘイケボタル。ゲンジボタルよりも小ぶりですが明滅間隔は短く、暗闇をふわふわと光瞬きながら舞う光景は幻想的です。  田んぼが育む自然や生きものを学生にも知ってもらいたいものです。

続きを見る

農大田んぼの近況

農大田んぼの近況

田植えから1カ月半が過ぎ、気温の低い時期もありましたが、イネの生育は大きな問題もなく、概ね順調。ここのところ作物専攻では田んぼに入って生育調査をしています。草丈や茎の数、葉色を調べますが、2年生はプロジェクト研究のデータ取り、1年生は調査方法の習得です。調査は共同作業、チームワークが大切ですね。田んぼは、この後、中干しの工程に入ります。

続きを見る

農家体験実習前期報告会

農家体験実習前期報告会

 1年生の前期分農家体験実習は、途中、音を上げた脱落者も出ず、先週で終了。週明けの昨日、皆元気で登校し、体験実習の報告会が行われました。  実習中は農家の方々からいろいろ教えていただいてよかったみたいですが、中には単純作業の連続で心が折れないようにしたいとの声もありました・・・。ちょっとは精神的に強くなったかな?・・・学校でもしっかり勉強し、後期も頑張ってください。

続きを見る

農業機械協定授業「アップカットロータリによる大豆畝立て同時播種機の操作方法」

農業機械協定授業「アップカットロータリによる大豆畝立て同時播種機の操作方法」

 農業大学校では、農業機械メーカーと締結した協定に基づき、農業機械メーカー社員から最新農業機械の操作技術、メンテナスの技能、農作業安全に係る知識等の習得を進めています。  6月27日(火)は、株式会社関東甲信クボタ中部事務所社員の方から「大豆のアップカットロータリによる畝立て同時播種機の操作方法」の授業及び実演講習を受けました。  このほ場では、2学年のプロジェクト研究の一環として、生育・収量の調...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内