お知らせ - 作物専攻

稲刈り、好調!

稲刈り、好調!

 農大田んぼの稲刈り、今年は好天が多く、コンバイン収穫の進捗は好調で、今日、一部の晩植試験分を残し、粳米(コシヒカリ、風さやか)を刈り終えました。昨年は長雨・台風で倒伏がひどいうえ、ぬかるむ田んぼでヒヤヒヤのコンバイン操作したが、今年は倒伏防止のケイカル散布や排水対策などをしっかり行ったせい(?)で、支障なく作業が進んでいます。1年1回の米づくり、学生と毎年反省です。  明日で1年生の農家体験実...

続きを見る

そば花盛り

そば花盛り

 作物専攻では、秋そばを栽培していますが、開花盛期を迎えています。昨年の秋そばは8月上旬の干ばつで発芽不良、9月中旬の長雨・台風で倒伏・稔実不良で散々でしたが、今年は何とか順調です。  2年生のプロジェクトでは地域の在来品種の利用について検討中、うまく活用できればいいですね。学生(名人級)の手打ちそばも期待してます。  そばの花は虫媒花、蝶などいろいろな虫たちが花に訪れて賑わいを見せています。 ...

続きを見る

農家体験実習報告:作物専攻④

農家体験実習報告:作物専攻④

 農業経営コース1年生の農家体験実習も後半戦3分の2が過ぎ、終りが見えてきました。作物専攻の受け入れ農家では稲刈りの真っ最中ですが、先生も現地での見聞を広げるため、今日、2件の農家で学生と一緒に作業を体験。現地で抱える問題など身をもって知ることができました。今年の気象と米の作柄や品質、発生が多かった害虫や雑草など、今後の授業ネタに使わせてもらいます。  受け入れ農家の方々、ありがとうございました。...

続きを見る

農大田んぼの生きもの:ナツアカネ産卵

農大田んぼの生きもの:ナツアカネ産卵

 先週後半から農大田んぼでもコンバインを使って稲刈りを開始。稲刈り時期を迎えた田んぼでは、赤トンボの一種「ナツアカネ」が「アキアカネ」よりも一足先にお目見えです。稲刈り前の田んぼに集まり、雌雄連結で飛びながら、盛んに産卵行動をとる姿が観察されます。  産み落とされた卵は冬を越し、来春、田んぼへの入水とともにふ化してヤゴが生まれます。そこは減農薬・減化学肥料で育てた特別栽培米の田んぼ。来年もそこで...

続きを見る

農家体験実習報告:作物専攻③

農家体験実習報告:作物専攻③

 白馬村の水稲農家で実習中の1年生2名ですが、地域の状況も知らなきゃ~と、昨日は農家の外に出て、管内の北アルプス農業改良普及センターで召集をかけての集合研修です。研修は大町市と松川村の田んぼで行われ、普及センターの作物担当普及指導員から地域の稲作や今年の作況についてお話しがあり、奨励品種決定ほや酒米の試験ほ場で生育調査と収量調査のための坪刈を行いました。  普及センターでは地域が抱える課題解決のた...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内