お知らせ - 作物専攻

田植えが終わったら、大豆や小豆の種まきです。

田植えが終わったら、大豆や小豆の種まきです。

作物専攻(コース)、田植えが終わったら、今度は大豆や小豆の種まきです。 ******************************************* 大豆は、普通大豆(品種は「あやこがね」、「すずほまれ」、「ナカセンナリ」)の他に黒大豆(「華大黒」)や青大豆(「あやみどり」)も栽培、いずれも長野県で育成された品種で、学生にそれぞれの特徴を知ってもらいたいところです。 **********...

続きを見る

いよいよ2016農大田植えも千秋楽です。

いよいよ2016農大田植えも千秋楽です。

5月27日、いよいよ田植え最終日。この日、農業機械メーカーのヰセキ信越による「長野県農業を担う人材の育成支援協定」の授業で、最新型可変施肥田植機の実演・試乗が行われました。  この田植機、田植えと肥料まきを同時に行いながら、田んぼの部分的な土の肥沃度に応じて肥料の量を調節する機能があります。  昨年はこの試作機を使って2年生のプロジェクトを実施、好成績が得られたところですが、今年から一般にも市販...

続きを見る

「田植え作業最盛期」

「田植え作業最盛期」

 作物専攻(コース)、先週から田植えが本格化、田植え前の代かき作業もほぼ終わり、ひたすら田植えです。1年生は品種比較のため、手植えも行いました。まだ、慣れない手つきですが・・・。  5月17日には関東甲信クボタに御協力いただき、水稲種子の鉄コーティングによる直播作業を行いました。田んぼに直接、稲の種をまく栽培方法で、2年生のプロジェクトとして、県の認定品種「風さやか」の直播適性を調べ、低コスト・...

続きを見る

農大 田植え始まる

農大 田植え始まる

 作物専攻(コース)、いよいよ田植えです。先日納品された例の新型田植機を使って、2年生が植えます。  植えた品種は「風さやか」。  長野県で育成された品種で、農業試験場で栽培方法を確立させつつ、現地試験を行いながら普及が進められているところですが、農大でも「風さやかプロジェクト」として、適正な栽植密度や施肥量、直播適性などをテーマに2年生が卒業研究に取り組んでいます。  この日、今年の春、農業機械...

続きを見る

田植え間近、現在育苗最盛期!!そして新型田植機見参!!!

田植え間近、現在育苗最盛期!!そして新型田植機見参!!!

 この時期、作物専攻(コース)では、田植えに備え、稲の苗づくり(水稲育苗)の最盛期です。  育苗で大切なのは温度と水管理です。連休中も2年生が交代で苗の管理を行ってきました。  農大での水稲育苗は、高設ベンチによるプール方式を採用しており、育苗の設営や水管理が行いやすい長所があるものの、温度が高くなりやすい短所があり、今年の春も高温気味で苗の成長が進んでいます。  見てのとおり、大きくなりすぎの傾...

続きを見る

長野県農業大学校 2018年学校案内