お知らせ - 作物専攻

1年生が5月31日に実物鑑定をしました。

1年生が5月31日に実物鑑定をしました。

農業経営者コース1年生は、農業に関する器具、資材や作物そのものに関して基礎的な知識を身につけるために、農学実習の一環で実物鑑定を行っています。今年は5月27日から30日までの4日間展示された実物鑑定品から25問抽出され、それらについての設問に回答しました。会場はしんと静まり、聞こえるのは「次の鑑定品に移れ」という鈴の音のみ。皆真剣です。

続きを見る

5月29日の実習風景

5月29日の実習風景

午前中は学生各々で専攻している作目ごとの実習です(2年生の一部は小諸の研修部で農業機械けん引の実習です)。皆張り切って作業をしていました。

続きを見る

ほ場では課題解決に向けた実習がスタートしています

ほ場では課題解決に向けた実習がスタートしています

農業経営コース2年は各自課題解決に向けたプロジェクト活動を主体的に行います。この日(5月22日)は麦の網張り、キュウリの支柱立てを行っていました。良い結果が出ることを期待します。果樹では同コース1年生が摘果を急ピッチで進めていました。

続きを見る

入学式に先立って歓迎の夕食会です

入学式に先立って歓迎の夕食会です

入学式を明日に控えた4月8日、松代キャンパス自啓寮で2年制主催の歓迎夕食会がありました。円卓を1、2年生と先生が囲み楽しく夕食を食べました。大皿に盛りつけられたサラダ、チャーハン、鳥カラなどを皆でとりわけ話に花を咲かせました。緊張気味の1年生も先輩の巧みな会話に引き込まれていました。クラブの紹介もあり、1年生は学業以外の楽しみも見つけられたかな?

続きを見る

GAPの審査があり、みごとGGAP認定を受けました

GAPの審査があり、みごとGGAP認定を受けました

本年行ったGAPの講義、演習の集大成として、GGAP認証取得に向けた審査を3月12日に受けました。対象作物は「ながいも」です。学生も聴講する中、書類審査、施設の審査および圃場の審査が行われ、最後に審査員から指摘事項を受けました。それらを改善し、GGAP証明書を頂きました。

続きを見る

長野県農業大学校 2019年学校案内